英語とわたしと「ACIM奇跡のコース」

 

 

「英語が大好き、英語で自分自身を表現したい、世界の人と交流したい」

 

そんな思いから、もうかれこれ、英語とは50年の付き合いです。

 

英語と離れたことがないわたしの人生で、それがいつしか「もっと完璧な英語力を身につけないといけない……」「もっと高学歴の大学で英語を学ばないといけない……」と、大好きな英語を自分の不完全さを表現するための道具にしてしまっていたことに気づきました。

 

こころに巣食う自信の無さから本来の純粋な思いから遠ざかり、自分の英語力をなかなか信じることができず、防御するために英語を学んでいた苦しみからわたしを引き上げてくれたのが、コロンビア大学の心理学教授が書き上げたテキスト『A Course in Miracles ~ 奇跡のコース ~』でした。

 

コースからわたしは、「問題だと思っていることは、すべて自分でつくりあげた幻想だった」と、ありのままを現実を見渡した時、わたしに「どこの大学で学んだの ?」と聞いた方など、誰一人いなかったことに気がつきました。

 

むしろ「裕美子さんの英語、きれいで活き活きして、聞いていてたのしい。ぜひ、わたしにも教えてください」と、たくさんの方々が、わたしの英語への思いを汲み取ってくださっていた、受けとってくださっていたことに、気づいたのです。

 

最初から、わたしにとっての英語とは「自分自身を愛し、表現して、世界中のみなさんと交流できる〝愛の道具〟」だったのです。

 

世界へ 今、真に、わたし自身を延長していくことができる決心がもてたのです。

 

ありのままのわたし自身で、英語を学びたい方のお役にたてている今、わたしは、ほんとうに感謝と幸せを感じています。

 

このことへとわたしを導いてくれた、すばらしい愛のテキスト『A Course in Miracles ~ 奇跡のコース ~』を、英語を学びたいみなさんとともに

 

 

 

 

原著の美しい英語の文章のまま、受けとってゆく個別クラスを企画いたしました。

 

3章 V.知覚を超えて

6. “…… but you would hardly want to do it if you were in your right mind.”

「…もし、正しい心の状態にいるなら、そのようなことをしたいとはとても思えないはずである。」

 

英語では「今、ありえないこと」を表現するとき、if以下は、過去形になります

,if you were in your right mind)。

ですからこの場合、英語がネイティブの人たちにとっては「…もし、正しい心の状態にいるなら」とは読み取らず、

「私達が、正しい心でいることは不可能なのだ」

ということ、つまり、

「聖霊に委ねてこそ、『正しい心』に居られるのだ」

と、深く、深く、コースの真意を読み取ります。

このように、何層にも重なった神の思いのレベルを、原書の美しい英語の文章のまま、受けとってゆくクラスを企画いたしました。

 


 菊地裕美子